シートシャッターのことを
ワールド工業に相談する

公式HPへ

シートシャッターのことを
ワールド工業に相談する

048-652-3624

シートシャッター大全 » あったらいいなを可能にするシートシャッター「ロールウエイシリーズ」 » オーダーメイド可能

オーダーメイド可能

目次

今回当メディアで事例のご提供に協力してくれたワールド工業が得意とするのは、オーダーメイドのシートシャッターです。

他では実現できない、課題解決に向けた設計・技術力をご紹介します。

example

シートシャッターの
オーダーメイド特殊設計事例

幅70mもの大型シートシャッター事例

幅70mもの大型の
シートシャッター事例

導入の目的・要望

  • 巨大貯蔵庫を仕切りたい
  • 幅70m・高さ25mの大型シートシャッターの設置

シートシャッターの
プロが解説

ワールド工業 
営業部:市川さん

ワールド工業市川様

過去に類のない大型サイズ

「貯蔵倉庫に種類が違うものを入れるため混ざり合わないように空間を仕切りつつ、大型の機械が行き来ができるようにしたい」というご要望を、過去に取引のあったゼネコンご担当者から相談いただきました。

幅70mのシートシャッターなので、分割にて設計しました。

通常のシートシャッターの技術を応用し、大型寸法に対応。設計図面・施工図面ともに製造者、現場組み立てを担当する作業者までも誰でもわかり、かつ誤解がないような図面や説明ですむようなシンプルさを心がけました。

全てが高所での作業のため、現場での安全ルールを順守し安全作業を意識した。

工期は長かったですが、全員で協力し仕上げたものが、設計通り動いた時には、さすがに当社でも手がけたことがない70mという巨大サイズだったこともあり、とてもうれしかったです。

鉄鋼関係工場に設置された緞帳式の事例

鉄鋼関係工場に
設置された緞帳式の事例

導入の目的・要望

  • 幅16m・高さ6mの開口を塞ぎたい
  • 停電時にも自動で動かせる対策

シートシャッターの
プロが解説

ワールド工業 
営業部:市川さん

ワールド工業市川様

海風にも耐えられる

埃を屋外に飛散させないために開口を塞ぎたい、停電時にも自動で動かしたいということを、展示会でご相談されました。

海沿いの風が強い場所だったので、設置条件・耐風速性が課題でした。

耐風速性アップのため、通常の仕様ではなく太いパイプを使い、舞台の幕のような「緞帳(どんちょう)方式」で設計することで、その課題をクリアしました。

停電対策として、通常時は200Vの電源ですが、非常時には100Vで動かせる機能も追加しています。

通常品ではないため、設計図面の詳細をよく確認し間違いのないように各部署で気を使った記憶があります。

できないと思われていたものが要望通りの仕上がりで、大変満足いただいたシャッターです。

新発田市役所
引用元:ウィキペディア 
https://ja.wikipedia.org/wiki/新発田市役所

新潟県新発田市役所に
設置された開閉式の事例

導入の目的・要望

  • 通常時は開いた状態、悪天候でもイベントなどが開催できるように空間を仕切りたい

シートシャッターの
プロが解説

ワールド工業 
営業部:市川さん

ワールド工業市川様

賞も受賞した市役所

多くの建築物を手がけるaat+ヨコミゾマコト建築設計事務所による新潟県新発田市役所で、2019年のBCS賞(※)を受賞しています。

通常時は開いた状態、悪天候でもイベントなどが開催できるように空間を仕切りたいと、aat+ヨコミゾマコト建築設計事務所様から問合せをいただきました。

(※)一般社団法人日本建設業連合会による、日本国内の優秀な建築作品を表彰する賞。
参照元:日建連 https://www.nikkenren.com/kenchiku/bcs/detail.html?from=top&year=2019&ret=year&ci=958
新発田市役所

幅30m高さ13mの開口部なので、2分割で設計しました。

いつものシートシャッターと違い、動作だけではなく、シート部分の施工も一般の人々の目につく物のため仕上がりの見栄えも設計事務所と打合せを繰り返し、建物全体がイメージ通りになるようにいたしました。

工場出荷時に組み立てるのは限界があり、現場での組み立てが重要でしたので、幅・高さの両方に細心の注意を払いつつ、作業を行いました。

市役所という、多くの方が訪れる場所だということもあり、定期的に消耗品の交換・点検を実施しており、故障の発生を防げています。

シートシャッターを長年使用していると、「フレームが曲がってしまった」「シートが破れた」「スムーズに行われなくなった」「完全にシャッターが閉まらなくなった」などのトラブルが発生することがあるようです。

出入口に設置するシートシャッターが壊れて動かないと、作業効率の低下や、生産ラインの停止など、重大な損失に繋がる恐れがあるため、選ぶ際は、メンテナンスが楽なもの、耐用年数が長いものを選ぶと共に、メーカーのフォロー体制をよく確認してみましょう。

当メディア「シートシャッター大全」の事例提供や解説に協力してくださったワールド工業製の高速シートシャッター「ロールウエイ」は、独自のベルト巻き上げ方式でシンプルな構造を実現。

営業部員や顧客係員でも緊急時の応急処置ができる上、応急処理による復旧が容易に行えます。また、高い耐久性や耐風速性、保全性を備えており、設置後30年経っても問題なく稼働しているケースも珍しくありません。

製造ラインを止めるリスクが少ないため、国内外問わず多くの製造現場や倉庫などで導入されています。

丈夫なシートシャッターの
構造とは

なぜロールウエイは丈夫なのか。

石灰が飛散する過酷な現場でも、問題なく動いている事例や台風でも壊れなかった事例をもとに解説します。

鉱物加工販売工場

石灰が飛散する工場内に
設置された事例

導入理由

  • 石灰の飛散を防ぎたい
  • 登山客の立ち入りを防ぎたい

シートシャッターの
プロが解説

ワールド工業 
営業部:清水さん

ワールド工業清水様

丈夫なのは、駆動箇所に
埃や水が入らない構造だから

鉱物加工販売工場の消石灰の保管庫や投入口開口部に使っていただいております。

石灰という、機械が稼働するには過酷な状況ではあるのですが、ロールウエイは、駆動箇所に埃や水が入らない構造なので、粉塵の舞うようなハードな現場でも問題なく使用できます。
現に、導入してから2023年1月現在で5年が経過しておりますが、故障もなく、順調に動いています。

以前工場内で衝突事故が発生し、弊社シートシャッターが破損。
その修繕工事の最中に、前夜に別の開口部の弊社シートシャッターでまた衝突事故が発生した旨を告げられたことがありました。
その場で部品手配・連絡調整を行い、別働の施工部員が部材をもって現場に駆け付け、即日復旧できたことがあります。

これは、修理などの対応工数を減らし、お客様のラインを止めないために特注部品などを使っていないというロールウエイの利点が生かされた事例だと思います。

強風対策のシートシャッター

台風でも壊れなかった事例

導入理由

  • 埃の侵入を防ぎ、作業環境を改善したい
  • 海が近く、強風が吹きこむ

シートシャッターの
プロが解説

ワールド工業 
営業部:重田さん

ワールド工業重田様

台風で他社シャッターが壊れる中、
稼働を続けた丈夫さが評価される

自分がこの会社様の担当になったときには、すでに5台、当社のシートシャッター「ロールウエイ」を導入済みでした。

千葉の東京湾沿岸にある製造工場で、台風によって、当社以外のシートシャッターが壊れたにも関わらず、ロールウエイが稼働を続けられた耐風性能を評価いただき、入れ替えとなりました。

強風対策のシートシャッター

橋脚や橋梁といった大型の製品を製作しており、工場の主要出入口には、金属製のシャッターが設置されていないため、工場の内外を隔て、寒風や埃の侵入を防止する必要があります。

大型の製品が通る開口幅、開口高さが必要な間口に導入いただいています。

この大きな開口をキープしつつ、シートシャッターで海からの強風を防ぐために、強風対策ポールを設置し、備えています。

シートシャッター
ロールウエイシリーズの
メリットを他にも見てみる

監修
ワールド工業株式会社
ワールド工業株式会社

今回、当サイトに掲載した事例の提供・コメントの寄稿にご協力いただいたのは、ワールド工業株式会社。

1987年にシートシャッターを開発し、シンプルな構造によるメンテナンスの楽さ、独自の巻き上げ方式によるモーターの持ちの良さ、耐風性に優れた堅牢な仕様、そして大型サイズにも対応できる技術力で長年支持されているシートシャッターの老舗企業です。