シートシャッターのことを
ワールド工業に相談する

公式HPへ

シートシャッターのことを
ワールド工業に相談する

048-652-3624

シートシャッター大全 » シートシャッターの活用場面 » シートシャッターで外気の侵入を防止できる?

シートシャッターで外気の侵入を防止できる?

シートシャッターは鋼製のシャッターと比較して軽量なため、スピード開閉が可能です。すき間を防ぐ工夫によって空気の流入をシャットアウトし、臭いや虫などが外から入り込まないように抑制することもできます。ここでは、シートシャッターが外気の侵入を予防できる仕組みと、実際の製品事例を紹介します。

シートシャッターが外気の侵入を防止する仕組み

高速開閉機能

シートシャッターはシート部分にビニールなどの素材が使われているため軽量であり、高速での開閉が可能です。通過する際に自動で感知し、自動で開閉を行う機能を搭載した製品は通過を終えると自動で閉まる仕組みのため、開けっ放しによる外気の流入が防げます。

高気密仕様

シートシャッターに多い風や気圧差によるすき間を防ぐために、パイプ式スムーザーや気密ガスケットといった高気密を叶える構造が採用されています。小さなすき間ができやすいサイドフレーム部分などにもシールを取り付けるなど、気密性を高めるための工夫が外気の侵入を防ぎます。

外気の侵入を防止するシートシャッター
ロールウエイシリーズの
メリットを見てみる

外気の侵入を防止できるシートシャッター例

シートシャッター「門番」KUシリーズ

高速型シートシャッター「門番」KUシリーズは、1998年にWUシリーズとあわせて発売されたシートシャッターです。現在は後継シリーズとして「happy gate門番」シリーズが発売されています。

happy gate門番は、従来の屋内・屋外用に加えて自立型や防爆区域用、冷蔵冷凍庫用などさまざまな環境に合わせて製品をラインナップ。電気を使わないエアー駆動・エアー制御を搭載したモデルも登場しています。

空間の間仕切りにはもちろん、高速開閉と自動復帰が可能なため、開けっ放しを防いで外気をシャットアウトします。屋内用はパイプレス式が、屋外用は耐風や耐圧構造にすぐれたパイプ式が選べます。

シートシャッター「防熱扉・断熱オーバードアー COOL」

「防熱扉・断熱オーバードアー COOL」は、倉庫や工場などに設置する防熱扉・断熱オーバードアシリーズのひとつであり、フレックスバリアやドックシェルターなど複数の製品を組み合わせて設置できます。

中間補強パイプによって内外の気圧差や風圧に耐えられる設計を採用し、必要なときだけハイスピード開閉。外気の侵入を最小限に抑制します。

豊富なオプション操作が可能なスイッチを使うことで、ノンタッチでの自動開閉を行うこともできます。また、他の機器とのインターロック制御が行える高機能制御にも対応しています。

高速シートシャッター「スムーザー」

「スムーザー」は、株式会社ユニフローが製造するパイプ式の高速シートシャッターです。シートの中にパイプが通っているため、耐風・耐圧によって外気の侵入を予防することができます。

スムーザーは鋼製シャッターよりも速い、最大2.0m/秒の速度での開閉が可能。さらに気密ガスケットを搭載し、ドアのすき間を密閉して通気量を抑えます。

気密性を確保しながらも、安全装置として光電管センサー・赤外線センサー(オプション)を搭載することができるため、人の通過中は自動的に作動が止まります。

シートシャッターの活用場面をチェック

シートシャッターは気密性が高く、高速開閉の可能なものほど空気の流れや流入を抑制する効果が期待できます。

悪臭やほこりを含む空気もしっかりとシャットアウトできるため、気密性を高めて衛生的な環境を維持したいときに便利です。

当サイトでは、シートシャッターの活用場面について詳しく紹介しています。以下のページもぜひ参考にしてください。

監修
ワールド工業株式会社
ワールド工業株式会社

今回、当サイトに掲載した事例の提供・コメントの寄稿にご協力いただいたのは、ワールド工業株式会社。

1987年にシートシャッターを開発し、シンプルな構造によるメンテナンスの楽さ、独自の巻き上げ方式によるモーターの持ちの良さ、耐風性に優れた堅牢な仕様、そして大型サイズにも対応できる技術力で長年支持されているシートシャッターの老舗企業です。