シートシャッターのことを
ワールド工業に相談する

公式HPへ

シートシャッターのことを
ワールド工業に相談する

048-652-3624

シートシャッター大全 » シートシャッターの活用場面 » シートシャッターで火事を遮ることは可能か?

シートシャッターで火事を遮ることは可能か?

シートシャッターは鋼製シャッターよりも軽量で、取り付けや移動がしやすく風や雨を遮り空間を衛生的に保つ設備です。ここでは、火事が発生した場合はどのような効果が期待できるかを紹介します。

シートシャッターが火事を遮る仕組み

防火性能による延焼予防

耐火性や遮炎性が高いシリカクロスやガラスクロスが素材として使用されているシートシャッターは、延焼予防に効果が期待できます。

シリカ(酸化ケイ素)は燃えにくく難燃性の性質をもっており、ガラスクロスには不燃材料として知られるガラス繊維が用いられているため、それぞれ高い遮炎性能を発揮。火事が起きても燃え広がらないように炎をシャットアウトできるのです。

高い密閉性で炎を遮断

遮炎性能に加えて、シートシャッター自身が設置場所に密着しやすく、すき間を作らない構造のため炎を広げにくくします。

万が一ひとつの空間から火の手が上がっても、シートシャッターを下ろしておけば延焼を予防することができます。

防火設備と組み合わせやすい

シートシャッターは防火扉・鋼製シャッターが取り付けられている空間にも取り付けやすく、シート素材よりもさらに強力に炎を防ぐ鋼製の扉やシャッターと合わせればさらに高い延焼効果が期待できます。

火事を遮るシートシャッター例

三和シヤッター「サンシリカ スクリーンⅡ」

三和シヤッターのサンシリカ スクリーンⅡは、軽量かつコンパクトな造りで遮炎性能・遮煙性能の2特性を備えています。

一連3ヶ所までの避難口設置が可能で、コンパクトなエレベーターの直前にも設置が可能。硬質なシャッターよりも速いスピードで開閉が行える操作性を備えたシートシャッターです。

防火区画の遮煙対策に適したウォークスルータイプ、低価格でコンパクトなサイズ感のリフトアップタイプにスタンダードタイプを加えた3種類から選べます。

文化シヤッター「セレスクリーン」

文化シヤッターのセレスクリーンは、シリカクロスを採用したスリムタイプのシートシャッターです。開口部サイズに対応できるラインナップで、防災設計の選択肢を広げます。

火災が発生すると熱や煙の感知器が作動し、それと同時にセレスクリーンが連動降下。シャッターは透光性のため、火災が起きている空間の状況を色などで確認することができます。

鈴木シャッター「SS耐火スクリーン」

鈴木シャッターのSS耐火スクリーンは遮炎・遮煙性能をもつシリカクロスを素材に採用し、透光性を確保して避難時の安全にも配慮しています。

避難口や非常口などのドア部分には、最大開口幅25mまでの大空間に設置できるライン型を、角を含む壁面には接続部に耐火ファスナーを搭載したコーナー型が選べます。

シートシャッターの活用場面をチェック

耐火性能や遮炎性能を備えた素材が使われているシートシャッターは、火災発生のおそれがある空間に適しています。

当サイトでは、火災以外にもシートシャッターの活用場面を詳しく紹介しています。以下のページもぜひ参考にしてください。

監修
ワールド工業株式会社
ワールド工業株式会社

今回、当サイトに掲載した事例の提供・コメントの寄稿にご協力いただいたのは、ワールド工業株式会社。

1987年にシートシャッターを開発し、シンプルな構造によるメンテナンスの楽さ、独自の巻き上げ方式によるモーターの持ちの良さ、耐風性に優れた堅牢な仕様、そして大型サイズにも対応できる技術力で長年支持されているシートシャッターの老舗企業です。