シートシャッターのことを
ワールド工業に相談する

公式HPへ

シートシャッターのことを
ワールド工業に相談する

048-652-3624

シートシャッター大全 » シートシャッターの活用場面 » シートシャッターで結露を防止できる?

シートシャッターで結露を防止できる?

シートシャッターは製造業や物流業の現場に適しており、工場内の結露防止と庫内温度の管理、製品や設備機器の品質維持に役立ちます。ここでは、シートシャッターの仕組みと結露防止に役立つ理由、活用場面について詳しく紹介します。

シートシャッターは従来のシャッターと同じく、熱や風を遮って庫内の環境を維持し、ほこりや虫の侵入を予防するなどの役割を果たします。

一例として、工場内で防熱扉と併用して必要な場所にシートシャッターを設置するケースでは、前室と冷凍庫の間の間仕切りなどとして設置することで、温度管理がさらに効率的に行えます。

シートシャッターが結露を防止する仕組み

シートシャッターを設置することで、室内の結露発生防止に役立ちます。詳細な仕組みについてみていきましょう。

庫内の温度変化を和らげられる

結露とは、温かく湿った空気が室内または室外から冷やされることで湿気が水に変わってしまう現象です。低温のエリアが多い倉庫、工場の室内などでは特に外からの温かい空気が入り込むことで結露が起きやすい状態です。

シートシャッターは、屋内外での寒暖差があり湿った空気が吹き込む可能性のある環境において、空気の侵入をシャットアウトする際に役立ちます。湿った空気の流入量を低減するため、庫内の温度が急激に変化するのを防ぎ、結露の発生リスクを抑えられるのです。

硬質シャッターよりも設置しやすい

シートシャッターはスチール製などの硬質シャッターよりも軽量かつ設置が容易です。

間仕切りとして細かく設置することで空気の移動や流入を最小限に抑え、さらに硬質シャッターよりも開閉時間がかからないことから、空気が隣の部屋に移動してしまうリスクを低減できます。

今までシャッターを設置できなかった箇所にもシートシャッターを新たに設置すれば、水分を含んだ空気や温かい空気をさらに効率的にシャットアウトできるでしょう。

結露を防止できるシートシャッター

ロールウエイダブル

ワールド工業のロールウエイダブルは、ロールウエイがさらに進化し「中空二層シート構造」「湿度・温度調整機能」「結露落下防止構造」の3つの特徴が追加された新しいシートシャッターです。

シートシャッターでは珍しい、シートが2枚同時に巻き上がるという独自の構造に加えて、結露発生の要因である温度差と湿度を調整する機構を採用しています。

-10°C~+10°C間(チルド)の間仕切りとしての使用が想定されています。

冷蔵用シートシャッターの画像
冷蔵用シートシャッターの画像
冷蔵用シートシャッターの画像

結露を防止するシートシャッター
ロールウエイシリーズの
メリットを見てみる

シートシャッターの活用場面をチェック

シートシャッターは、断熱パネルや硬質シャッターが設置できない場所にも設置しやすく、取り外しや開閉がスピーディに行えます。

冷凍庫内はもちろん、前室や防熱扉の前、空調効率を高めたい環境にも適しており、冷気を外に逃したくない場所の間仕切りとして活躍します。

さらに詳細なシートシャッターの活用場面は、以下の記事でも紹介しています。ぜひ参考にしてください。

監修
ワールド工業株式会社
ワールド工業株式会社

今回、当サイトに掲載した事例の提供・コメントの寄稿にご協力いただいたのは、ワールド工業株式会社。

1987年にシートシャッターを開発し、シンプルな構造によるメンテナンスの楽さ、独自の巻き上げ方式によるモーターの持ちの良さ、耐風性に優れた堅牢な仕様、そして大型サイズにも対応できる技術力で長年支持されているシートシャッターの老舗企業です。