シートシャッターのことを
ワールド工業に相談する

公式HPへ

シートシャッターのことを
ワールド工業に相談する

048-652-3624

シートシャッター大全 » シートシャッターと他の種類との比較 » シートシャッターと電動シャッターの比較

シートシャッターと電動シャッターの比較

ここではシートシャッターと電動シャッターの違いについて解説します。シートシャッターの導入を検討している方はぜひ参考にしてみてください。

電動シャッターとは?

用途

電動シャッターは、商業施設や産業施設、個人宅など様々な場所で利用され、セキュリティ強化、省エネ対策、防音・防塵効果といった目的に役立てられます。特に強固な作りが求められる銀行や宝飾店などでは、強度が高く、侵入抑止力のある電動シャッターが選ばれることが多いです。

機能

電動シャッターの機能には、防犯性や防災性を高めるためのものから、利便性を向上させるためのものまで多岐にわたります。耐火性能を持つシャッターは火災時の延焼を防ぐ役割を果たし、停電時にバックアップ電源で動作するシステムは緊急時の安全確保に貢献します。また、遠隔操作やタイマー機能を持つシャッターもあり、これらは日常的な使いやすさを追求する際に重要となります。

設置場所

電動シャッターの設置場所は、店舗のショーウィンドウ、工場や倉庫の出入り口、ガレージや駐車場入口、そして一般住宅の窓やバルコニーなど、様々です。これらの場所では、防犯性やプライバシー保護、そして外部環境からの遮断が求められるため、対応性の高い電動シャッターが好まれています。また、病院や学校などの公共施設でも、必要に応じて安全対策として利用されることがあります。

シートシャッターと電動シャッターの共通点や相違点とは?

用途

シートシャッターは、主に工場や倉庫などの大きな開口部に利用され、コストパフォーマンスの良さと設置の容易さから多くの企業に選ばれています。軽量で操作が手軽なため、頻繁に開閉する必要がない場所での使用に適していると言えるでしょう。

一方、電動シャッターは商業施設やマンション、一般住宅にも多く設置されており、リモートコントロールやセンサーによる自動操作が可能なため便利性が高く評価されています。特に、セキュリティが重視される場所や利便性を求める現代の住宅においては、優れた選択肢となります。

機能

シートシャッターはそのシンプルな構造ゆえに軽量であり、取り扱いが容易なことが大きな特徴です。しかし、防犯性や耐候性に関しては金属製の電動シャッターに劣る場合が多いです。耐火性や遮音性も同様に電動シャッターの方が高性能である傾向にあります。

それに対して電動シャッターは、重厚な構造が可能なため高いセキュリティと耐久性があり、さまざまな環境下での使用に耐えうる機能を備えています。自動での開閉は省力化に寄与し、特に高い場所や大きなシャッターにとってはそのメリットは顕著です。また、近年ではIoT技術と連携し、スマートフォンなどからの遠隔操作やタイマー設定など、利便性を高める機能も増加しています。

シートシャッターの基礎知識もチェック

本記事では、シートシャッターと電動シャッターの特徴、用途、機能について詳しく解説しました。両者は、施錠の強化や防犯対策としての役割を果たす点では共通していますが、操作方法や設置環境、コスト面で大きな違いがあります。

電動シャッターは便利性や操作の容易さで多くの場所に適しており、一方でシートシャッターはコスト面を抑えたい、簡易な使用を考えている場合に有効な選択肢と言えます。建物のセキュリティや利便性を高めたい際には、これらの情報を参考に適切なシャッターの選択を行うことが重要です。最終的な選定に際しては、取り扱いのしやすさや設置環境、予算など、総合的な観点から判断することをお勧めします。

以下のページではシートシャッターの価格やサイズ、素材、メンテナンス・修理などについてまとめているため、ぜひこちらも参考にしてみてください。

監修
ワールド工業株式会社
ワールド工業株式会社

今回、当サイトに掲載した事例の提供・コメントの寄稿にご協力いただいたのは、ワールド工業株式会社。

1987年にシートシャッターを開発し、シンプルな構造によるメンテナンスの楽さ、独自の巻き上げ方式によるモーターの持ちの良さ、耐風性に優れた堅牢な仕様、そして大型サイズにも対応できる技術力で長年支持されているシートシャッターの老舗企業です。