シートシャッターのことを
ワールド工業に相談する

公式HPへ

シートシャッターのことを
ワールド工業に相談する

048-652-3624

シートシャッター大全 » シートシャッターと他の種類との比較

シートシャッターと他の種類との比較

シートシャッターと電動シャッターの比較

シートシャッターは手動で開閉するタイプで、販売価格が安いことが特長です。店舗や倉庫など、限られた予算内で基本的な防犯対策を望む場合に適しています。対して電動シャッターは、スイッチ一つで簡単に開閉できる利便性が魅力です。価格はシートシャッターよりも高めですが、重量のあるシャッターも軽々操作できます。

シートシャッターはコストを抑えつつ基本的な遮断機能を求める場合に、電動シャッターは利便性や追加機能を優先する場合に選ばれることが多いと言えます。

シートシャッターと⼿動シャッターの比較

手動シャッターは電源を必要としないため、停電時であっても移動することなく開閉作業が行えます。その反面、物理的な力を使って操作する必要があり、扱うにはある程度の体力が求められる点が考慮すべき事項です。安全性や利便性を重視する場合はシートシャッターが、シンプルで停電にも強い構造を求める場合は手動シャッターが適しています。

シートシャッターと軽量シャッターの比較

シートシャッターは、主に薄手の金属シートでできており、展開時には細かなコイル状に巻き取られます。軽快な開閉操作が可能で、設置スペースを小さく抑えられる点が特徴です。一方、軽量シャッターはシートシャッターより重量があり強度も高いですが、その分操作感に力が必要であり、設置により広い場所を要します。

シートシャッターと重量シャッターの比較

重量シャッターはその名の通り重量があり、大型の建物の出入り口などに適しています。シートシャッターは軽量性を活かした利便性が魅力ですが、重量シャッターは防犯性や耐久性が重視されます。よって、セキュリティや耐久性が非常に高いレベルで求められる場所には重量シャッターが、日常的に多くの開閉が必要とされる場所にはシートシャッターが適していると言えます。

シートシャッターとオーバースライダーの比較

オーバースライダーは上部にレールがあり、シャッターが上にスライドして開閉します。シートシャッターは巻き取り式なので、天井のスペースを気にする必要がない一方で、オーバースライダーは天井部分に余裕が必要です。スペース利用の効率あるいはデザイン性を重視する場合、オーバースライダーは特徴的な閉鎖方法を提供しますが、シンプルでコンパクトなシステムを望むならシートシャッターが良い選択となります。

シートシャッターと横引きシャッターの比較

横引きシャッターは横方向に開閉するタイプであり、スペースの有効利用やデザイン性が求められる場合に適しています。一方、シートシャッターは縦方向に巻き上げるため、場所を選ばず取り付けることが可能です。特に狭い空間や高さ制限のある場所では、シートシャッターが圧倒的に有利です。

シートシャッターと窓シャッターの比較

窓シャッターは一般に窓用の保護装置として設計されており、防犯や断熱といった機能があります。一方でシートシャッターはその汎用性から、窓だけでなく幅広い出入り口に応用可能です。窓専用のシャッターを探している場合には窓シャッターが向いていますが、よりフレキシブルな用途を求める場合にはシートシャッターが適しています。

シートシャッターとガレージシャッターの比較

ガレージシャッターは車庫に特化し、強度や防犯性を重視した設計になっています。シートシャッターは軽快な操作性が特徴ですが、保安面でガレージシャッターには劣る場合もあります。ガレージでの使用を想定するならば、車両の保護とセキュリティの面からガレージシャッターを選択することが推奨されます。

シートシャッターと防火シャッターの比較

防火シャッターは火災時の延焼を防ぐために特化したシャッターです。耐火性に優れ、安全規格に基づいた設計が特徴です。シートシャッターも耐久性や防火性に対するバリエーションを持っていますが、厳密な防火基準を満たす必要がある場合は防火シャッターが必須になります。

シートシャッターと防水シャッターの比較

防水シャッターは水の侵入を防ぐために設計されており、水や湿気に対する強い防御力を持っています。シートシャッターも防水性に配慮した材質を選択することで防水機能を持たせることは可能ですが、専用の防水シャッターにはかなわない場合もあります。特に高い防水性能が要求される環境には対応した防水シャッターの選択が望ましいでしょう。

シートシャッターと防犯シャッターの比較

防犯シャッターは侵入を困難にする様々な特徴を持っており、すりガラスやロック機能が強化されています。シートシャッターはその軽量性から取り扱いやすさを重視しており、一定の防犯性は備えていますが、最上級のセキュリティは防犯シャッターに軍配が上がるでしょう。高い安全性が要求される場合には防犯シャッターの設置を検討するべきです。

シートシャッターと横引きシャッターの比較

シートシャッターは、主に上下に開閉するタイプで、操作が簡単で堅牢なことが特徴です。全体を強固な板で覆うため高いセキュリティ性能を持ちますが、重量があるため開閉時にはある程度の力が必要とされます。一方、横引きシャッターは、その名の通り左右に開閉するタイプで、ドアと同じくらいの軽さで操作できるのが魅力です。特に力の弱い女性や高齢者でも、楽に扱えることが利点です。

シートシャッターと重量シャッターの比較

シートシャッターと重量シャッターは、いずれも建築物の開口部を保護するための装置ですが、その構造と機能には大きな違いがあります。シートシャッターは薄く軽量なシート材でできており、主に手軽さと設置の簡便さから一般的な住宅や小規模店舗で利用されることが多いです。対して、重量シャッターは厚みがあり、重量感のあるスラットで構成されています。

シートシャッターとパネルシャッターの比較

シートシャッターの大きな利点は、その高速開閉にあります。これにより、頻繁な出入りが求められる場所で効率的な作業が可能です。一方、パネルシャッターはしっかりした構造と重厚な素材で作られているため、防犯性が高く、長期間の使用にも耐えられます。特に、外部からの侵入を防ぐ必要がある場所に適しています。

シートシャッターと防煙スクリーンの比較

シートシャッターと防煙スクリーンは、どちらも建物や施設の安全を確保するために重要な役割を果たします。シートシャッターは主に高速での開閉が可能で、物流や生産現場など頻繁に人や物が移動する場所に適しています。

一方防煙スクリーンは、その名の通り、火災時の煙の拡散を防ぐために設置されるものです。火災発生時に煙が広がるのを防ぎ、避難経路を確保することで、人命の安全を守ります。

シートシャッターとグリルシャッター(パイプシャッター)の比較

シートシャッターとグリルシャッター(パイプシャッター)には大きな違いがあります。間仕切りとして使用されることもあるのは共通していますが、シートシャッターは防虫や防臭、防塵目的として工場で使われるのが多いのに対し、グリルシャッター(パイプシャッター)は店内のディスプレイを見せながらシャッターを閉める目的で使われます。

シートシャッターと透明シャッターの比較

透明シャッターとは、金属製の枠と透明な板で作られたシャッターです。ポリカーボネートやガラスで作られます。閉店後の店内への防犯目的であるとともに、美しく見せるために設置されることが多く、シートシャッターとは設置目的が異なるものです。

シートシャッターは工場に設置され、防虫や防塵に対して効果を発揮します。

シートシャッターと防音シャッターの比較

シートシャッターは高速での開閉が可能で、多くの物流施設や工場、倉庫などで使用されます。これにより、頻繁に出入りする場合でも効率の良い作業が可能です。また、汚れやほこりの侵入を防ぐ効果も持っているのも大きな特徴です。

一方、防音シャッターは騒音の侵入や漏れを防ぐために設計されています。そのため、音の発生が多い場所や静音が求められる環境での利用に適しています。

シートシャッターと排煙シャッターの比較

シートシャッターは日常的な利用を前提として設計されており、作業の効率化と環境の改善に寄与します。

一方、排煙シャッターは非常時に重点を置いて設計され、緊急事態における人命保護を重視しているのが特徴です。

シートシャッターについて
詳しく見る

監修
ワールド工業株式会社
ワールド工業株式会社

今回、当サイトに掲載した事例の提供・コメントの寄稿にご協力いただいたのは、ワールド工業株式会社。

1987年にシートシャッターを開発し、シンプルな構造によるメンテナンスの楽さ、独自の巻き上げ方式によるモーターの持ちの良さ、耐風性に優れた堅牢な仕様、そして大型サイズにも対応できる技術力で長年支持されているシートシャッターの老舗企業です。